2019年カレンダー暦表記

天皇譲位に伴う2019年カレンダーの暦表記について


2019年カレンダーの未定日・新元号の表記について

国の儀式等の挙行に係る方針が4月3日に閣議決定されましたが、祝日の改正に尽きましては、
依然として不明なことから、全国カレンダー出版協同組合連合会(東京都台東区・会長 宮﨑安弘)
では、2019年の祝日動向に関して、この度、現在までの各種情報に基づき、
2019年版のカレンダーの未定日について、以下の通り記載することで、印刷を進行して参ります。


2019年版の名入れカレンダーの未定日の記載方法

未定日とは…2018年4月3日現在において決定していない「休日になる可能性のある日」のことです。

日付玉(数字のこと)はいずれもスミ(黒刷り)

・4月30日、5月1日、10月22日、12月23日の該当行事名は祝日色
・4月30日、5月1日、10月22日の該当行事名の前には祝日色の国旗国旗マークを入れる。
※ただしカレンダーのデザイン上、朱色で印刷されない商品もございます。
※モノトーン表記の場合は同色にて


天皇譲位に伴う2019年の暦について

【4月30日、5月1日、10月22日の該当行事のページに下記の注意文が入ります】
祝日法の改正などにより、祝日・休日、またその名称が変更になることがあります。
(2018年4月3日の情報に基づく)