【百貨店が生き残る道】

2018/12/17
by 管理スタッフ  

百貨店の店舗閉鎖の連鎖が止まりません。インバウンドの影響で大盛況な大阪の高島屋などを除き軒並み売り上げを激減させており、多くは赤字経営を強いられていると聞きます。

百貨店経営の多くは、高度成長の時代を背景に富裕層を中心とした商売で伸びてきましたが、今やそのビジネスモデルが通用しなくなってきました。では、そのビジネスモデルをどう変えていったらデパートの再生につながっていくのでしょうか。

われわれ門外漢にとっては高見の見物ですが、当事者たちは必死の思いで百貨店再興を狙っていることでしょう。

しかしながら、素人のわたしでも何をやっても再興は難しいのではないかと思ってしまいます。というのも、百貨店商売は基本は定価販売で、安売りしないし、何か売ってやるという意識が見えかくれしているような雰囲気が漂っている。そんな商売が今の時代にそぐわない売り方になっているのが、衰退の原因ではないかと思うからです。

頭をたれ、前垂れ商売に転換するいい機会ではないでしょうか。いつまでも過去の成功体験だけで生き残れる時代ではないことを、知るべきではないかと思うのです。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

コメント

投稿はありません

新規投稿