【師走を迎えて】

2018/12/05
by 管理スタッフ  

朝出勤途中いつもの道を歩いていてふと頭上を見上げると、イチョウの葉が黄色く色づいているのを発見しました。鮮やかな黄色ではなく少しくすんで見えます。東京は昨日も気温が20度を超え冬にしては物足りない暖かさです。ビビッドに変色を遂げたイチョウは本年は見られそうにもありません。

イチョウを横目にしばらく行くと、いつもはクリスマスイルミネーションでピカピカの三角錐の形をした大木には光がありません。1月も4日も過ぎたのに飾ってないところをみると、今年は予算がなくて飾れないのかと、うがった見方をしてしまいます。

街の風景で師走を感じることも多いのですが、実は12月という月を感じるだけで、年の瀬を意識してしまうのではないでしょうか。12月になるとなぜか、せわしく感じられいろいろな案件を片付けたい気持ちに迫られます。

昨日会った弁護士の先生の言葉が耳に残ります。

「なぜか年末近くなると、和解案件が増えるんですよね」

人々の気持ちとして、年越しにしたくない事柄は多いようで、わたしも事務所に着いて手帳の12月の予定をぱらぱらめくりやり残したことはないかをチェックし始めました。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp