【大相撲】横綱について

2018/11/16
by 管理スタッフ  

初日から4連敗してついに休場を決意した横綱でしたが、彼を“趣味”と言ってはばからないわたしでも、遅きに逸した決断だったのではないかと思っています。

それにしても場所前に好調が伝えられただけに、なぜこうもばたばたと倒れてしまうか理解不能です。昔の横綱だったらいたたまれなくなって、休場届ではなく“引退届”を出したかもしれません。

そう考えると今の稀勢の里を見守る眼は、甘すぎるという批判もむべなるかなです。

愚直で、不器用ではかりごとも好まない、現代の日本青年が日本人に共感を呼ぶのは同じ日本人としてわかりますが、こと横綱という地位に関しては、彼には物足りなさを感じます。

小憎らしい強かった北の湖や稽古をあまり熱心にしなかった?天才輪島でも、横綱としては結果をそれなりに残して去っていきました。横綱は相撲界で一番強くないといけませんから、優勝も何回も重ねないと横綱としては評価されません。

来年1月東京場所で“奇跡”は起こるのか。

ほんの一筋の希望だけは残してくれていますが。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

コメント

投稿はありません

新規投稿