【人間の寿命】

2018/10/23
by 管理スタッフ  

昨日の報道の中で新聞に躍る記事としては、派手さはないですが、デザイナー界では、知らない人がいないくらい有名で、その名が燦然と輝く芦田淳さんがお亡くなりになりました。死因は肺炎で、年齢は88歳だったとのことです。早すぎる死ではないにしても寿命だったのかなあ、という感じがします。

わたしはむしろデザイナー系の世界は、まったく疎いと言っていいくらいですが、芦田淳さんを存じ上げていたのですから相当有名な方でいらっしゃるのでしょう。そしてその業績も皇室関係の服のデザインが知られていると言いますので、腕利きのデザイナーだったことがうかがわれます。

寿命というのは誰にでも訪れることですが、その寿命の中でわれわれは、後世に何を残していこうかと奮闘努力しているに違いないのではないでしょうか。わたしは何も取り絵のない家庭の主婦よ、と思っていても我が子を育てその子を世に送り出した功績があるのではありませんか。

寿命があるから、後世に何かを残していきたい。自分が意識しなくても人はそうやって日々を暮らしているのだと思いたい。ましてや生きている間に後世の人たちの為に何かを残していきたい、そう思うことは大変貴重なことのように思います。

芦田淳さんの訃報に接して、ふとこのようなことを考えさせられました。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

コメント

投稿はありません

新規投稿