【ドラフト会議】

2018/10/26
by 管理スタッフ  

昨日ドラフト会議があり、有力選手はこぞって指名されたようです。その中でもわたしの関心事は、小さいころからファンだった巨人がどう補強していくのか注目されたのですが、ずいぶんくじを外したものです。原新監督のコメンとでは、高校生中心で将来楽しみな補強ができた、と強気なことを言っていましたが、本心はどうなんでしょうか。

昔巨人は腕力と金力で有望選手を根こそぎかき集めたものですが、今やその面影やなしです。たまにしか今はスポーツ欄の野球の記事は見なくなりましたが、巨人の選手で知っている名前の選手がほとんどいなくなりました。わたしが小学校、中学校の時代は巨人全盛期で、9連覇したあたりの選手の名前は控えの選手までも全部空で言えるくらいでした。

巨人を頂点に、テレビ放映で活気づいていたプロ野球の世界でしたから、巨人が強くなくてはならなかったのです。その強い巨人を倒そうとする姿に、日本中が歓喜したのでした。今やどうでしょう。言葉は悪いが、日本のプロ野球はメジャーリーグの2軍になり下がったような感じすらしてつまらなくなりました。

これはあくまで、個人の印象を述べただけですが、そう思っている人もわたしのほかにいるのではありませんでしょうか。

プロ野球界がドラフト会議をするようになって平準化するのはいいのですが、目玉商品としての価値をスタープレーヤーが創出していって欲しい。そしてその方々が中心になって明日の日本のプロ野球を盛り立てていって欲しいものだと思います。

しかしながら、メジャーに行った大谷の様にメジャーに行って注目を浴びる選手も多い。メジャーはだてに給料が高いだけではありませんね。くれぐれも日本のプロ野球が、メジャーに選手を提供するだけの養成機関にだけはなって欲しくないものだと強く思います。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

コメント

投稿はありません

新規投稿