【トランプ旋風】

2019/05/27
by 管理スタッフ  

千秋楽結びの1番から遡って5番から、トランプ氏が国技館で大相撲観戦となりました。館内は大騒ぎです。わたしもすかさずスマホを取り出し、パチパチと写真を撮り始めました。

厳重警戒の嵐の連続です。まず1330分位には、国技館に到着したのですが並ぶこと20分、ようやく入場できたと思ったら、空港の検査なみのものものしさです。金属探知機まであてられ、ボディチェックもされます。

館内でビールを買うにも一苦労です。やっと買えたと思ったらなんとビールは紙コップに注がれていました。もちろん自動販売機は、販売“休場”。

国賓なので仕方ないのでしょうが、こんな苦労して観戦するのは初めてで逆にいい思い出になりました。座布団も投げ込まれず、警備にあたった面々はほっと一息ついたことでしょう。

それにしてもトランプ氏は役者が一枚も二枚も上手です。アメリカのみならず世界をまたにかけて政治を動かす大物感を醸し出していました。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

【入出国の感想】

2019/05/20
by 管理スタッフ  

先週の金曜日から昨日の日曜日まで三日間中国に出張してきました。そこで思ったことはセキュリティの強化と、通関のスピード化です。

セキュリティの強化については、特に中国側の対応について強く思いました。今回は青島空港からの入出国でしたが、飛行機に乗り込む際のセキュリティは強化されている印象です。執念と思えるほどの念入りなボディチェックと手荷物検査です。

スピーーデーの面から言えば、3月に上海入国時指紋の認証を受け登録を済ませてあったので、青島空港ではパスポートチェックだけで通り抜けられ早くなったように感じられました。

帰国して成田の通関時には、パスポートを画面にかざすだけで5秒くらいで通関完了です。係員はいますが、ハンコは押さないでそのまま通り抜けられます。随分早くなったなあと思う反面、日本ではハンコが省略されます。

われわれハンコ世代には、ハンコの収集が途絶えて寂しさも漂う1シーンでした。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

【和暦スタート】

2019/05/07
by 管理スタッフ  

新天皇が即位され日本中がフィーバーしている中、カレンダーの業界では地味に2020年のカレンダー販売の準備に余念がありません。
本年2019年は、51日からの和暦の発表が41日と決まっていた関係上、カレンダー業界では西暦のみ表示して和暦を表示しないタイプがほとんどでした。しかし中には変則的に、新元号元年などという表現を採用しているカレンダーもありました。

そして来年です。来年度からは“令和”が使用できるとあって、各社和暦の表示を復活させるケースが増えています。もちろん“令和2年”となるわけです。
わたしたち日本人は、和暦に特別な思いを寄せていると思います。一時代がそのくくりで象徴させられるからです。

令和ははたしてどんな時代になっていくことでしょうか。

我々カレンダー制作およびに販売に携わる人間にとって、令和の文字がカレンダーで確固たる存在感を放ち続けていっていただくことを願います。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

【おまけで皿がもらえる企画】

2019/04/24
by 管理スタッフ  

ヤマザキデイリーストアでは今“春のパンまつり”と称して、シールを集めて応募すると白いお皿がもらえるキャンペーンを行っています。25点集めて1皿もらえる割合ですが、1点が約130円くらいの様ですので、3250円買うと1皿もらえる計算ですね。昨年もらった皿の感じでは、どう見ても300円以上はするような感じです。

300円とすると、9%の割合なので、ずいぶんな大盤振る舞いの様です。(もしかしたら原価は100円以下なのかもしれません)このような企画があると普段はセブンイレブンがほとんどなのに、点数欲しさにヤマザキに毎日通います。ただしこのキャンペーンは430日で終了なので、51日からはまたヤマザキにはいかなくなる可能性は大です。

ここからヤマザキの真価が問われます。キャンペーンが終ったあとも引き続きヤマザキに通わせる仕組みや仕掛けが必要ですね。どうも今のところその継続性を促すような仕掛けが店舗を見回してもどこにも見当たらない。実に勿体ないことだと思っています。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

【値上げの秋】

2019/04/17
by 管理スタッフ  

消費税の10%の期限が刻々迫っています。政府の目論見では、10月1日スタートの様子ですが、まだ100%確定ではないようでもあります。

われわれ業者にとっては、価格転嫁の対応で大変やきもきしています。更には仕入れ先から大幅な紙の値段アップに伴う製品単価の引き上げで実質値上げをせざるを得ないのが現状です。カレンダーに関して言えば、納品はほとんどが10月以降ですので2%はどうしても最低でもアップせざるを得ません。

値上げを機会に、名入れカレンダーの注文自体を控える企業が出てきても不思議ではありません。いい材料はないものかと探すと、そうです“令和”という時代の転換期という話題がありました。令和に変わったのを機会に、企業の宣伝を強化する企業が増えてくるのを期待するとしますか。

それにしても厳しい値上げの秋になることは間違いなさそうな状況です。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

【丸刈り】

2019/04/15
by 管理スタッフ  

昨日夕方TVを見ていたら丸刈りについて取り上げた番組に出会いました。なんでも今高校での野球部員が急激に減っていて、学校側が回復に躍起になっているそうです。そしてその大きな原因が、野球部に入ると丸刈りにしなくてはならないから入部するのがいやだという原因からなのだそうです。

確かに坊主頭は、かっこうが悪い。運動部でなくてもわたしが、長野の田舎の中学に入った時も男子は全員丸刈りで、当時中学に入る前は、それが嫌でたまらなかった記憶があります。大体、丸刈りすることで、野球がうまくなるのでしょうか。

番組では、精神論や組織論からその必要性を説いていましたが、わたしからいわせりゃナンセンスもいいとこです。物事の本質は、頭髪を短くすることではなく、いかに野球がうまくなり、チームが一つにまとまり優勝目指して頑張るか、ではないでしょうか。

精神論でやってきたスポーツはたいてい、壁にぶつかります。かの武道の最たる柔道しかり。井上監督になってからどれだけ勝てるにようになってきたか。彼は、精神論より実践論者です。形から入るのではなく、実際に勝つために何が必要かを徹底して研究したと聞きます。

令和という新しい時代があと2週間とちょっとで訪れようとしている現代、丸刈りという古い形古い精神論にいつまでも固執することはないのではありませんか。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷

http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

【カレンダーの種類の多さについて】

2019/04/12
by 管理スタッフ  

わが社も壁掛け1400から1500種類、卓上400から500種類くらいの名入れカレンダーを扱っています。
でも似たり寄ったりで購入者は何を基準に選ぶのか、たまに疑問に思うことがあります。
しかしながら、たとえはあまりよろしくないと叱られるのを覚悟で申しますと、結婚相手を選ぶときの選ぶ基準だってそうじゃないかと思う時があります。

わたしは男ですから男から結婚する女性を選ぶ場合、まずわたしの場合何が基準になっていたかというと、わたしより背が低い、年齢が下、東京在住の人、とここまでは身上書を見れば機械的に分けられます。ところがです、相性というのは表面的な書類上の基準では選べない。

趣味趣向、なんとなく話していて話が合うかどうか、おまけにかわいいかどうかなどといろいろ条件が付いていきます。先ほども触れましたが、名入れカレンダーをえらぶのと生涯の伴侶を選ぶのを比較するなどとんでもない話だとお叱りをうけそうですが、言いたかったことは、カレンダー一つ選ぶにしてもいろいろな判断基準があって、これを選んだからといって、何らかの理由で選んだのであって、理屈はあまり付けないほうがよろしいのではないかと思っていることです。

ですから、このようにたくさんの種類から選びたい気持ちは少しはわかってくるのです。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

【新札発行】

2019/04/10
by 管理スタッフ  

麻生財務大臣から発表のあった新札発行の件は、各人いろいろな思いが交錯していると思いました。

わたしなんかは能天気に「気分転換になっていいなあ」くらいの感想でしたが、各報道に接してみるとこれはもう少し深堀りして考察してみる必要があると考え直しました。

まず、キャシュレス化が進むと予想される中、なぜ日本人は相も変わらず現金志向なのでしょうか。1説にはタンス預金残高は50兆円をこえるという情報もありますし、お札をありがたがる国民性もある。

更には、お札に現れる偉人たちに思いを馳せるなんて人もあるかもしれません。また政府の施策に正面切って異議を唱える人は少ない。もともと日本人は、お上の言うことには従順な民族です。どこかの国のようにまったく政府を信頼していない国とは違うのです。

5000円札の顔になる津田梅子氏、1000円札の北里柴三郎博士ともに大学の設立にかかわっています。外野で見学している輩には、津田塾大学や北里大学の偏差値が上がるんだろうなあなどと、のんびりした感想しかありませんが、改めて日本人の気質に触れたできごとではありました。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

【東名の事故渋滞について思う】

2019/04/08
by 管理スタッフ  

昨日7日の日曜日は、家内と日帰りで湯河原に出かけてきました。11時30分までに行かなくてはならなかったので、家を8時少し過ぎて出たのですが、何と到着したのがぎりぎりの11時35分でした。普段はもっと早く着きます。遅れの原因は、東名の事故渋滞にありました。

通常なら家のある蔵前からは2時間30分もあれば楽々到着できるコースなのです。渋滞は仕方ないにしても、その事故車を見たとき、いろいろ思いました。

まず車線が、3車線のところ1車線になってしまっていたことが最大の原因だったこと。そしてこれが曲者なのですが“見物渋滞”という現象です。1台がその事故車を眺めるのに30秒速度を遅くするだけで、100台では50分にもなってしまします。詳細な計算方法があるかもしれませんが、今の感想では、ざっくりそんな感じです。

事故に遭われた方は、気の毒ですが、周りの人に大変迷惑を掛けます。くれぐれも安全運転を心掛けたいと思った次第です。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

【令和元年に思いを馳せる】

2019/04/05
by 管理スタッフ  

昨年還暦を迎え自分なりに、ショックを多少受けたのですが、
本日が誕生日で1歳余分に年を重ねることになった心の状態は意外に冷静です。
人間は衝撃度が高くても、それを経験し乗り越えると案外平静に居られる生物なのかもしれません。

閑話休題、新しい年号が決まり5月1日からいよいよ始動です。
巷で飛び交う風評、感想など総合的に感じる印象では概ね好意的に受け取られている。
日本人には、日本人独自の年号が必要と感じている人は、相当多いという印象です。
というわたしも、純国産ですのでわが国独自の年号崇拝者であり、
新しい“令和”という漢字2文字を何とか自分の中でなじむものにしていきたいという思いが強いです。

小渕さんの印象が色濃く残る、墨で書かれた1枚の紙を高く誇らしげに掲げるあの発表行為を、
菅官房長官が継承して見せたあのパーフォーマンスは、また現代の日本人にとって忘れられない記憶として永遠に残っていくことでしょう。
その“令和”ですが、わたしの率直な印象では、幾分女性的な雰囲気の印象です。
なぜなら、わたしの人生において“令”の字の連想は、結婚式の招待状で送る“令夫人”であり、“令子”だったからです。
間違ってもかつて徳川時代、年号を勘案する際提出された“令徳”の如く、命令を想起するような印象ではありませんでした。

話はそれますが、ローマ字にした時にこの“令”がLEIなのか。REIなのかで論議を呼んでいると聞きます。
まあ一般的には、Reiなのでしょうが、日本人にはこのRの文字が曲者です。なんせアールの発音ができないのですから。

むしろ外国人、特に欧米人にとっては、むしろ発音しやすい年号かもしれません。

下に“和”がつくことで、なんとなく日本中が和んでいく様子が想像できます。
是非新しい時代ももめごとなく平和な時代であって欲しいと思う、一人の小市民の感想です。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp